NHK大河ドラマ『真田丸』も大坂の陣に向かい,終盤を迎えつつあります。
大坂の陣はじっくりと描いた作品はあまりなかっただけに,どのような展開になるか楽しみです。
真田幸村を始め後藤又兵衛や毛利勝永などの猛将がどのような戦略で徳川方と対峙したのか興味深いものです。
今回の大河ドラマは,三谷幸喜さんの脚本らしいコミカルさを交えて描かれています。
大河ドラマでは毎年よく史実との違いが指摘され批判的な意見も出ますが,私はフィクションな部分が混じるのもありかなと思います。
ただあまり極端に違う描き方や架空の人物の設定は,視聴者が誤った知識を得てしまうので程々にという考えです。
要はドラマを見たことでその時代に関心を持ち,より深く真実を知ろうと本を読んだり史跡を訪ねたりと歴史に触れるきっかけになれば良いと思います。
先日もBS番組で,信長を討った明智光秀を謀反人と書した文書が実は秀吉が部下に書かせたもので,真実は明智家の領地没収まで信長に追い込まれた光秀が明智家存続の為に取った行動だという証拠文書を発見した,光秀の子孫の方が出ていました。
先祖の汚名を晴らすために,長年に渡って調べてきたそうです。
要は秀吉が自分を正当化するため都合よく書いたわけで,それが現代までの史実となっていたという主張です。
そのように現在残っている文書も自分の都合良く書かれたものや,今でいう捏造されたものもあるかもしれません。
わかっている史実も100%正しいとは限らないと考え,自分なりの史実感を持つことも歴史を知る楽しみかもしれません。ミュゼ 腕脱毛