昨年、除雪中に肩の靭帯がバチンという音を立てて切れました。3日置きに30センチ以上の雪が積もり、900坪の宅地を除雪している最中でした。肩の高さより腕が上がらない、背中に腕が回せない以外は普通に腕は使えていたので、春まで除雪していました。今年も、またどこか痛めながら数日置きにふる大雪の中除雪をするのだろうと覚悟していました。ところが、昨年11月に2回降ったきり、12月と1月は除雪が必要なほど雪が降ったことがありません。深夜はマイナス20度近くになるのですが、昼間は温かく、まるで春のような景色が広がっています。山を越えた日本海側の地域は大雪で空港から飛行機が連日飛べずに、空港に泊る人がニュースになるほどなのに、私の住まいは今年、ほとんど雪が降りません。それが何よりも有難いと毎日思っています。地元のスキー場で働く人は雪不足で困っているようですが、私はあの冷たくいつまでも降り続く雪と格闘する日々がないことに平穏を感じています。昨年は地震も多く、台風も何度もやってきて大変だったぶん、冬は穏やかに過ごせて本当に幸せ。ミュゼ 背中